高校受験は謎だらけ

〜愛知県母のお受験days、ときどき小学生〜

内申点は謎だらけ

当ブログはアフェリエイト広告を利用しています

学年の最終内申が決まる3学期。学年末テストは範囲が多くてぞっとしますね。早めの対策でテストにのぞみ、内申点アップをめざしたいです。 

「高校受験は謎だらけ」をブログタイトルとする私にとって、内申点は大きな謎の一つでした。そこで、しばらく内申点との歩みを書いていきます。

 

公立中学No.1の驚き

私はこれまで公立中学にご縁がありませんでした。娘が地元の中学に進学し、公立中を初体験。未知なる内申点との格闘がスタートです。

1番驚いたことは、提出物の多さ。プリントや問題集の課題に加え、授業内に書く感想レポートの多いこと!この間までランドセルを背負ってた子が「良質な文を短時間で書くスキル」を要求されるのです。

 

数学なのにレポート?

衝撃的だったのは、数学で授業ごとに提出するレポート。数式をやった日でも、「今日学んだこと」というテーマについて最後に書いて提出します。数式を解くことしか授業でやってないのに、その感想をこんなにどう書けばいいの?

レポートを毎回チェックする先生には頭が下がります。個人的には、小テストを増やしてくれた方が嬉しいような...。観点別評価のために、さまざまな課題が必要なのかもしれませんね。先生方も大変です。

「限られた時間でテーマに沿った文章を書いて提出する。」中学校ではこのスキルがかなりの頻度で問われました。しかも内容が高レベルでないとA評価がもらえない。内申点の奥の深さにパンチをくらいました〜。

 

弟へのプレゼント

娘が書いたプリント類は保存してあります。あの大量のレポートをわが家の弟が書ける気が全くしない...。どんなふうに書けばいいのか少しでも参考になるはず。

場所をとって困るけれど、わが家にとっては貴重な内申対策なんです!? 下の子がいる場合、テストに加えてレポート類もとっておくのをオススメします。

 

内申の重要性

内申点」と検索すると、他の人が調べた候補に「内申点バカバカしい」と出てくる...。そんな悪名高き内申点。ふりかえると、改めてその重要性を感じます。次の3つは当たり前のことかもしれませんが、やはりそこに意義があるのですね。

 

①出願できる高校の資料となる。

学校がもつ資料は「内申点」「定期テスト」「実力テス」のみ。模試の結果を先生は知りませんでした。志望校への出願を認めてもらうには、内申点が基準になります。

 

②入試の合否に影響する

愛知県は当日点重視に変化しています。それでも計算してみると、内申1点の重みは大きい。

娘はこつこつタイプのため、3年1学期の段階で「この内申が限界だろうなぁ」と思ってました。

それでも先生最後に2つ上げてくれました。この2点が入試当日へのお守りになった気がしています。「頑張れば何とかなるかも」と心配性の娘を支えてくれました。

 

内申点アップの努力は、成績だけでなく人としての成長につながる。

後日お話しますが、内申点を上げるコツは社会人にも通じる大切な要素です。

 

内申点はいつから関係するの?

高校入試に関わる内申点の期間は、都道府県によって変わります。

  • 中1〜3の3年間 80%弱
  • 中3の1年間   20%弱
  • 中2〜3の2年間 数%

3年間の内申を対象とする地域がほとんどなんですね。愛知県は中3の1〜2学期のみの短期決戦です。

内申アップには訓練が必要で、いきなりは上がりません。みんなが頑張る3年で内申を上げるには、それ以上の努力が必要で大変。

一方で、整理されたコツをステップ式に実践していけば、自然と結果がついてくる印象も。次回以降、わが家の内申対策とオススメ本について書いていきます。

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村