高校受験は謎だらけ

〜愛知県母のお受験days、ときどき小学生〜

3月の過ごし方 理科の総復習【中2】

当ブログはアフェリエイト広告を利用しています

前回のブログで「3月は絶好の総復習チャンス」と書きました。 娘がやった「理科1〜2年の総復習」について「使ったテキスト」や「やり方」を記します。 「こんなふうにやった家庭もあるんだな」と計画を立てるきっかけになりますように。

 

なぜ理科の復習?

娘は数学が苦手です。 理科は、暗記分野は大丈夫ですが計算問題になると思考停止。 

偏差値は初回の中学2年8月は40台。定期テストで暗記してもすぐ忘れ、模試は散々でした。理科を復習することにした理由は次の4つです。

  • 定期テストが難しすぎて点が取れない。
  • 数学が苦手のため、理科の計算問題も苦戦。早めに苦手意識を除いておきたかった。 
  • 塾の先生から「社会はまだ復習しなくてよい」とアドバイスがあり、理科を先にすることに。 
  • 夏休みに余力を残しておくため。 

 

理由1 テストが難しすぎる

学校のテストは問題数がとても多く、しかも入試問題レベル。平均40点台が続くことがありました。「こんな多くの問題、解けるわけないじゃん!」と親子で愚痴ることも。 

苦しかったですが、3年間それに慣れて入試試策になっていたような...。 今となっては「理科の先生方、文句言ってすみません」と反省しています。

前回紹介した本では、「理科と社会の入試対策は後回し。夏休みからで良い」とありました。 しかし早めに対処して内申を上げたかったため、総復習をすることにしました。 

 

理由2 計算問題を克服したい

娘は数学が苦手なため、理科の計算問題も分からず。早めに苦手意識を取り除きたかったです。「地震の伝わる速度計算」などは親子で苦労した思い出が...。

1〜2年の総復習のうち特に計算問題を重視し、分からなければ塾の先生に聞く形にしました。 

効果はばっちり!数学とちがい、理科の計算問題はパターンが限られているようで、一度克服すればいろいろな問題に対応できるようになりました。 

 

理由3 塾のアドバイス

娘の塾では面談が定期的にあります。「本では『理科と社会は後回しで良い』とあったが、娘は本当にそれで良いですか」と確認しました。 社会も偏差値がひどかったので、早めに対処したかったからです。

社会は早くやっても忘れてしまうため、まだやらなくていい」とのこと。そこで、理科をすることにしました。 

 

理由4 夏休みに余力を残すため

3年では「物理」「化学反応」直前期に「天体」と続くため、定期テスト対策に追われる予感がしました。夏休みに理科の総復習を始めると、他の教科への余力がなくなりそうだったので、3月に総復習しておきました。 

 

使ったテキスト

使用テキストは『1・2年の総復習 完全攻略(文理)』です。完全攻略は英語も使用している愛用書。 

 

本屋さんで全ての1〜2年総復習のテキストをチェックしたのですが、やっぱり完全攻略でした。ただの私の好みの問題かも!? 好きな点をあげます。

 
  • まとめページが見やすい。 
  • 全体がカラーで見やすい。
  • 基本問題→練習問題→実践問題のステップ式が扱いやすい。実践問題を残して後でやる等が可能。
  • 実践問題が難しめで実力がつく。

 

暗記部分の復習と、計算など応用問題のバランスが良いです。教科書や学校で使ったワークブックを確認しながらやりました。

計算問題は難しいので、解説が詳しい参考書を使うのも良いのかもしれません。娘は分からない所は塾で質問するため、上記テキストにしました。

 

対策の効果

総復習のおかげで、3月末の模試では偏差値が14アップ。1か月しっかり復習したことで、苦手意識もなくなったようです。定期テストや模試で理科が得点源になり、内申点や入試でも救ってくれました。

しかし、暗記部分はやはり夏には忘れてしまい...。夏休みに『2024年受験用 全国高校入試問題正解 分野別過去問』を取り組みながら、再暗記しました。夏休みに過去問をやれたことで、冬の直前期に余力が出たのも良かったです。

 

まとめ

3月はこのように理科を復習し、春休みは春期講習で他の教科も復習しました。 

塾は本当に助かりますが、自分で効率よくできる自宅学習を組み合わせると最強です。 

もうすぐ迎える3月。早めに計画を立て、苦手科目を少しでも克服して3年生をスタートしたいですね。 

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村