高校受験は謎だらけ

〜愛知県母のお受験days、ときどき小学生〜

どうしよう? 学校説明会

当ブログはアフェリエイト広告を利用しています

 

学校説明会や体験授業など受験イベントが始まりますね。

娘の頃はコロナ禍。説明会や文化祭が開催されなかったり、オンライン実施だったり、3年限定だったり...なかなか学校に訪問できなく苦労しました。

3年で日程がつまる予感がしたので、2年で参加できるのは申し込みました。

 

 

 

 

わが家の参加歴

定期テストと受験勉強の両立で大変な3年。週末の外出が加わると、疲れるし勉強もできなく追いこまれます。

2年から動き出したおかげで、3年で日程が詰まらず勉強に集中できました。

文化祭は友達と行き、勉強の息抜きになったようです。

 

【中2】  説明会 → 私立

      文化祭 → 私立

【中3】 説明会 → 公立、私立

                  文化祭 → 公立

 

➡ 「私立高等学校公開見学・体験入学一覧表」(私学協会)

http://www.aichi-shigaku.gr.jp/file/taiken2024.pdf

 

 

参加する意義

ホームページや学校案内で様子は分かりますが、娘はちゃんと読まず...。親子で訪問して確かめるのが一番でした。

 

参加する意義
  • 校舎を見て本人が通いたいと思えるか?
  • 方針やカリキュラムに賛同できるか?
  • 生徒や教師、部活の様子がわかる。 
  • 通学路を体験し、許容範囲かどうか? 

 

説明会の係生徒は、選ばれた精鋭たち。現実の生徒像とは異なります

部活中も上下関係があるので素の姿ではない可能性も。

学校近くですれ違う在校生や、部活の休憩時間などが現実に近いかもしれません。

娘はある高校で立ち話中の生徒が「怖い」と感じ、「ここは行きたくない」と言った学校がありました。

 

 

文化祭もぜひ

文化祭も効果的。盛り上がり度も大切ですが、最低限の規律があるかをチェックしたいです。

娘は中1から志望だった公立の文化祭を見て、第2志望に変えました。

女の子たちがど派手だったり、嫌そうに係をしている姿が気になったようです。 

一方で、受験を迷っていた公立校では、第1志望にする決心がつきました。

規律が守られつつも盛り上がり、「ここなら勉強も高校生活も満喫できる」と確信できたそう。

 

スポンサーリンク

 

 

注意点

①公立は3年のみ

公立の説明会は3年生限定。公立受験する人は、2年で私立を見ておき3年は公立に備えたいです。

 

【愛知県】2024年度:県立高校体験入学日程一覧|愛知県 最新入試情報|進研ゼミ 高校入試情報サイト

 

https://www.nagoya-c.ed.jp/highschool/pdf/itiran.pdf

名古屋市教育センター

 

 

②私立は受験日組み合わせが変わる

愛知県は私立を3校受験できますが、日程変更が毎年あり受験できる学校が変わる可能性があります。

日程が分かれて受験できる学校もあれば、逆の場合も...。 

意中の私立は2年で行き、3年は公立と新候補の私立が良いかもしれません。

愛知県、私立の日程が変わりすぎ〜。

 

➡ 「令和7年度入学試験日程一覧」(私学協会)

https://www.aichi-shigaku.gr.jp/file/R07nyuusi-nittei.pdf

 

 

③本人の偏差値が変わる

本人の偏差値は、入試直前まで変化します。学校や塾の面談で提案される学校もあるかもしれません。

中3は不測の事態に備えるため、中2で目星の学校は行っておきたいです。

比較土台があると、新たな候補が出てきても検討しやすくなりました。

 

 

④特進コースも視野に

「チャレンジ校」「妥当校」「滑り止め」の3校受験が多い愛知県の私立。

普通コースだけでなく特進コースを視野に入れると選択肢が広まりました。

特進コースの場合、独自の説明会があれば参加し、次の点を確認しました。

 

  • カリキュラム(時間割、課題、朝学、コース変更なども)
  • 講習や合宿、模試の詳細(日程、費用)
  • 部活はどの程度できるか
  • 大学の指定校推薦は特進コースで可能か
  • 特待生の有無や内容

 

全体で説明がなかった点は、個別に質問しに行きました。

特進コースは拘束力が大きく、本人が実情を納得して受験しないと大変。

後悔したり、体調を崩しかねないため注意したいです。

 

 

 

 

反省点

① 私立学校展や進学フェアに行けばよかった

夏に開催される全体イベントに1〜2年で参加せず後悔です。 

全体像を知ることは、受験の動機づけ自立につながります。

中学生が高校について自然に知るチャンスはほとんどなく...。わが家は受験校をほぼ親が選びました。

早いうちに全体イベントに連れて行き、子ども主導に導くべきでした。

 

➡ 「第40回 2025愛知の私立学校展」(私学協会)

https://www.aichi-shigaku.gr.jp/file/shigakuten2024.pdf

 

【愛知県】2024年度:県立高校合同説明会 高校進学フェアの日程が決定|愛知県 最新入試情報|進研ゼミ 高校入試情報サイト

 

 

②公立の説明会を1つ逃した

ネット申し込み化が進んでますが、公立は学校経由で申し込む場合もあります。

教室の掲示板を子どもが見て、申込書を担任に渡す形。

娘は掲示板をチェックせず。私自身もネット情報を見落としてしまい参加できず。似たもの親子ですね...。

 

 

③中2で公立の日程を把握しておく

公立は「どの学校がどの時期にあり、締切はいつか」を中2のうちに把握しておくと安心。

時期の変更がありうるのは注意ですが、予定が分かっていると申し込み忘れを防げます。

 

 

④ 候補外の公立も見ておくべきだった

内申点や偏差値がどれだけ変わるか分かりません。

意中の2校だけでなく、上下の学校別の学群も見ておけば良かったと出願時に感じました。

片方の学群しか頭になく、もう一方も見学しておけば選択肢も広がったかも。 

 

 

 

 

 

理想のスケジュール

反省もふまえた理想スケジュールです。

中2
  • 私学展や進学フェア → 私立の個別説明会
  • 友達とレジャーがてら文化祭
 
中3
  • メインは公立の説明会
  • 新候補の私立説明会も
  • 公立志望校の文化祭

 

  

 

学校説明会の服装は?

子どもは制服。保護者は、周りの目が気にならないなら何でも構いません。

学校でお迎えする側だった経験から書くと、高校の説明会は「色がど派手だったり、ジーンズやジャージっぽくなければ◯」。もちろん学校側のチェックもありません。

私はトップスは少しキレイめ、ボトムスは普段着。周りも似たような感じです。

 

 

 

 

 

終わりに

ふり返ると、娘と出かけた学校説明会の思い出は宝物。ディズニーランドよりも楽しかったかも...(私だけ?)

すでに締め切りの学校もあります。間に合う記事にしたかったのに、またしても締め切りが....。私のようにならぬようご注意くださいね。

「説明会に行きたい」と子どもから声が上がることはほぼ皆無。ここは親主導で、いろいろ計画を立てたいです。

お子さんにぴったりの高校に出会えますように!

 

 

 
 

 

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ  ←  応援よろしくお願いします